<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

防災訓練

はい、まさみです。
今年もあと1ヶ月となりました。
なかなかブログ投稿出来ずにいます。。。

とりあえず、今日は富士宮市全体での防災訓練でした。

何となく静岡は防災意識が高い気がします。

避難場所で、放水車の作動と、炊き出しの練習をしました。
集落の皆さんは、ほぼ親戚関係なので、和気あいあい、協力し合ってたので、それは何かあった時、とても心強いですね。



お釜での炊き方は、年寄りがいないとわからないな〜と、60代の方が言っていて。
炊飯器で炊くのが、当たり前の世代ばかりで、昔ながらの生活の知恵も伝承はギリギリの状況のようです。



放水車も、湧き水の流れから給水していて、いざ断水しても、何とかなるのは本当心強いです。

東日本大震災で、町中の店の棚が空っぽになった、あの何とも言えない殺気立った雰囲気を経験し、便利な都会での生活にとても不安を感じたのも、移住の動機の一つでした。

ここは、水もある、農家ばかりで米も野菜もある、人との繋がりもあるので、護られてる感じが安心です。
あとは、富士山噴火の場合、ハザードマップによると、ここは谷を一つ挟んでるので火砕流は来ないとなってますが。。。
自然は人間の想定外の大きさですからねら。。、



富士山噴火も、どんな災害も、大難が小難に小難が無難になりますように。。。
by 祐介 * 子育て * 14:13 * comments(0) * -

高度差と体調不良

はい、まさみです。
すでに11月です。
朝霧は、快晴でさわやかな気候が続いてます。

朝霧に住んで気づきました。
観光客として来てた頃は、晴れの日しか来た事ないと。。。
そして、朝霧では、それは貴重な晴れ間なんだと。。。

いわゆる高原的なさわやかな気候は、春と秋の4ヶ月。
これから11月過ぎから3月までは、真冬日で冷蔵庫より室内が寒くなる季節。
そして、梅雨から晩夏までは、物凄い湿度で、ありとあらゆる物がカビて、毎日雨雲の中にいるようなガスって隣家も見えなくなる日ばかり。。。
野口整体の体癖的に湿度が大の苦手な私には、かなり辛く。。。

さらにさらに、朝霧に移住して環境が変化したことは、私の身体にそれなりの負担となってまして。。。

実は、この夏はしょっちゅう目眩、耳鳴りや不整脈があったり、とにかく息苦しかったり、怠かったりと体調が芳しくありませんでした。

が!その原因が例の不思議な歯医者さんのお陰でわかりました!

それは、高度差=気圧差!!!

確かに、生まれて40数年は関東平野育ち。つまり標高50〜70m。
そして、今の朝霧は標高700m前後。
さらに、買い物など行く市街地は120m。
富士市に行くなら、一気に700mも変化することに。
これって、市街地で買った袋が、パンパンに膨らむレベル。
だから、内臓にもそれなりに負担が掛かって息苦しくなるようです。

さらに、買い物などで市街地へ往復の度に、耳が抜けてました。
さらに、市街地の出店で忘れ物して短時間に2往復すると、もう耳が抜けずにあまり聞こえなくなることも。

歯医者さん曰く、耳が抜ける=三半規管に影響ある=顎関節にも影響ある=噛み合わせが狂う=目眩など症状が出る

とのこと。
で解決策は、体調不良という形で順応するしかない、と。。。

観光客として1泊くらいなら問題ないけど、移住となると身体はその環境に慣れようと変化を起こしてて、体調不良だったようです。

身体は健気です。。。

まー、3年くらいはかかるのかな〜?つれーなー。。。

なんて思いながら、翌日浅間大社のおみくじを引いたらびっくり!

おみくじは吉凶より、裏のご神託を重視してるんですが、そこに書かれていたのは。。。

あつい寒いと歎(なげ)くも無駄よ、苦情いわずに、にこにこと
寒ければさむいと歎き、暑ければあついとかこち、よいにつけ、悪いにつけ、苦情を言い、不平を言う。それは神様の御心にそむく無駄事である。暑さに耐え、寒さをしのぎ、これに順応し、これを克服する方法を講じて、黙々と、にこにこと朗らかにやって行こう

どひゃーー!
まさに私のための言葉。。。
順応、と言う言葉も出てきて、もうびつくり。。。
まぁ、見守っていただいてるんだな、と感謝です。。。

今はお陰様で、大分体調は落ち着いてきました。
歯医者では、順応を促す治療をしてもらったり、と私は色んな意味で救われてると、有り難いです。
by 祐介 * 自然&癒し * 13:47 * comments(0) * -

椋太3歳になりました

はい、まさみです。
9月も最終日。今月も色々ありました。

9月はなんと言っても、お陰様で9/7に椋太は無事に3歳の誕生日を迎えられた事が、一大イベントでした!

三つ子の魂百まで、という言葉を考えると、とうとうこの時を迎えたのかー!と、自分の子育てが椋太の人生に与える影響の大きさに、恐れおののく今日この頃です。

誕生日当日は、土曜でふもとっぱらキャンプ場での営業日。
新調したあおぞらピッツァオリジナルTシャツで元気に動き回り、お客さんやキャンプ場の皆さんに、おめでとう!と言ってもらえて、ご機嫌でした。



夜には、昨年同様のイチゴケーキを用意し、外で祐介と花火を楽しんでもらってる間に、私が慌てて簡単な飾りつけをして、お祝いしました。

飾りとケーキを見つけた椋太の笑顔は、本当に嬉しかったようで、そんな笑顔を見られて、無事にこの日を迎えられて本当に感謝感謝でした。

そして、9/9には祐介の両親と富士急ハイランドのトーマスランドに行く予定が、直前の台風の影響で両親来られず(泣)
で、トーマスランドで有料の写真撮影を申し込みしてたので、3人で初の乗り放題パスポートを購入し、乗りまくり。
夏日もあって、帰りはグッタリ。。。

後日、両家に遊びに行った際に、誕生日プレゼントを両家のじじばばちゃんからプレゼントされて、ご機嫌の椋太でした。

最近は一段と、会話も成り立つようになり、言葉の吸収力に驚きますが、イヤイヤも強い時は私がゲンナリしてしまう事もあります。。。

私もイライラして声を張り上げてしまった後で、ねんねの時間に、怒りすぎてごめんね、と椋太に謝ると、うん、、と言ってくれますが、へなちょこ母ちゃんでごめんね。。。

ついつい、一度出来た事は、その先もまた出来て当たり前と思ってしまってたので、昨日は靴下履けた〜!と喜んでたのに、忙しい今日は一人で履いてほしいのに、わざと履こうとしないと、短気な私はキーーー!!となってしまいます。。。

でも、ふと子育ても3歩進んで2歩退がる、なのかな?と思うようになりました。

椋太の中に元々ある成長する力を信じつつ、ただその力も波があるんだよな、と。
そして、その波も親の都合や親が勝手に理想とするレベルと、波長が合わない場合が殆どだし。。。

昨日は自分で出来たけど、今日はママに甘えてやってほしい、とママの所に戻って来た時に、なんでやらないの!出来るんだから自分でやりなさい!と言われてしまうと、子供の帰る場所がなくなってしまう、その寂しさはわかってた筈なのに。。。

どんな自分でも愛されている
出来ても出来なくても
親が喜ぶことをしても、しなくても
親が嫌がることをしても、しなくても
自分には戻れる場所がある
ありのままの自分を受け止めてくれる存在がある

子育ては、自分育てと、よく言ったものです。。。
by 祐介 * 子育て * 14:44 * comments(0) * -

もろもろ記念日と命日

はい、まさみです。
毎度、久々の投稿です。

お陰様で、今年も7/19に私の誕生日と結婚記念日を家族で迎えることが出来て、本当に有り難かったです。

私も四捨五入したらアラフィフ。
もうすぐ3歳になる椋太は、どんどん動きが激しくなって、ラグビーのタックルのように激突されると、ぐふぅー!!と体への衝撃が半端なくなってきました。

結婚生活も15年目。
ここ数年、激動の毎日ですが、お互いの忍耐?の賜物?で目出度く記念日には、とっても美味しいステーキをいただきました!
椋太との3人の記念写真は、夢みたいだな〜、としみじみです。

椋太は、本当によくおしゃべりするようになり、先日はパパのことを、
「ゆうすけぇ〜!」
と呼ぶようになったり。。。
何となく会話も成立するようになってきました。
子供の成長は本当にすごいです。

そんな椋太と一緒に、毎朝の神様へのご挨拶と、ご先祖様の供養をしています。
一緒に正座して、2拍手したり、お線香を挿したがったり、鈴を鳴らしたり。
文言も、もにょもにょ真似するようになりました。

そして、今日8/15は満州で戦死した母方の祖父の命日。
あ〜、今日はおじいちゃんの命日だな、と思ったら、涙が湧いてきました。

府中に住んでる頃に、急に祖父の事が気になり、何かに突き動かされる様に調べまくり、ブログにも投稿して来ました。
ただ、何故、祖父は戦死しなければならなかったのか?何故、戦争は起きたのか?
調べれば調べるほど、学校で学んだ歴史とは違う話や、はたまた陰謀論など、何が事実なのかわからなくなるばかりで、投稿できずにいました。

ただ、今の私に出来ることは、以前、おばあちゃん先生に言われたこと、

「ご先祖様の苦労を、あなたが自分の子供にしっかり伝えていきなさい。」

それを初めて実践してみました。
仏壇へのご挨拶の後、オモチャで遊ぶ椋太へ話しかけました。

りょうたん、聞いてね。
ママのおじいちゃん、りょうたんのひいおじいちゃんは、遠い昔に満州って言う遠い国で、戦争って言う人と人とが殺しあう争いで、死んじゃったんだよ。
おじいちゃんは、子供3人残して死んじゃったんだよ。
おじいちゃんは子供の成長を見たかっただろうね。
ママのママ、りょうたんのばばちゃんは、りょうたんと同じくらいの歳に、お父さんが死んじゃったんだよ。
りょうたんも、パパが死んじゃったら悲しいよね?
パパと、ずーっと会えなくなったら、悲しいよね?
ひいおばあちゃんは、子供3人連れて遠い遠い道のりを命がけで帰ってきたんだよ。
ばはちゃんが、りょうたんと同じ歳くらいの時に、騒ぐと見つかって殺されちゃうから、見捨てろって言われても、ひいばあちゃんは、いやだと、命がけでばばちゃんを連れて帰ってきたんだよ。
ばはちゃんも、りょうたんみたく小さかったのに、騒いじゃいけないってわかって、ずっとガマンしてたんだよ。
りょうたんが、注射するの怖くてもガマンしたみたいにね。
りょうたんのひいばあちゃんが、ばばちゃんを連れて帰って来てくれたから、ママが生まれて来れたんだよ。
だからりょうたんが生まれて来れたんだよ。
ご先祖様が誰か一人でもいなかったら、りょうたん生まれて来なかったんだよ。
すごいことだね。

そうなの〜?
と時々相づちを打つ椋太でした。

話しながら、どんどん泣いてきてしまった私。
りょうたん、ぎゅーしてぇ〜!
とお願いしたら、ニコニコしながらやって来てギュッと抱きしめてくれ、泣き顔の私をニコニコ見つめてくれました。

おばあちゃんが、子供を置いていけと言われても嫌だ!ととった行動は、子供を産んで一段と、祖母の母性の強さなんだと、尊敬するようになりました。

椋太は、今は全く意味がわからないだろうけど、それでも毎年伝えていきたいと思います。
by 祐介 * 戦争の記憶 * 23:14 * comments(0) * -

病気もろもろ

はい、まさみです。

4月から椋太が保育園に行き始めてから、しょっちゅう具合悪くなって、お疲れの日々でございます。

今日は珍しくお日様出てるので、体調いいですが、猪之頭はここ連日雨雲の中で、隣の家も見えないほど真っ白な世界。
そして、強烈な湿度。

息するのも苦しい感じなので、雲の下の市街地に下山して、ちょっと息抜きして、また雨雲の中に帰って行くといった感じです。
マジで、朝霧の梅雨はキツイです。。。

えー、健忘録でこの2ヶ月の動き書いておきます。

☆5/1夜に椋太のおでこに発疹見つける。GW中当番の小児科駆け込み、水ぼうそうの診断。私の帯状疱疹が移った模様。
仕事は大忙しの時なので、急遽祐介友人に働いてもらい何とかしのぐ。ただ、折角遊びに来てくれた親戚や友人達とは、窓際での会話で終わり。

☆何とか水ぼうそうは軽く済んだものの、発疹時、太鼓の練習で子供達と遊んでたので、感染してしまったのでは?と心休まず。結局、3週間経っても発病なく一安心。

☆一安心直後に、初の親子遠足で、必死こいて三段重のお弁当作る。
祐介が、今年1年分のエネルギー全部使い切ってしまったのでは?と心配するくらいの普段やらないことをやる。
椋太も、これママが作ったの???とびっくりした様子。
で、結局他のママ友さんは普通のお弁当で、お重で持ってくる人なく、来年はもっと気楽にいこうと心に決めた。

☆梅雨に入り、毎日ダルダルな身体を引きずるように過ごす。猪之頭は梅雨寒で、寒暖差が激しく、6/22に水遊びで冷やしたのか、椋太が日曜に発熱と咳が止まらず。
私は、月曜から4日間連続で、ファミリーサポートの受託者の講習を受ける予定で、月曜は祐介に集落のかかりつけ医に連れて行ってもらうも、もらった薬を強烈に嫌がり飲まず。仕方なく別の病院に行きもらった、飲みやすい薬も今回は嫌がる。
私も結局発熱と咳が止まらず、講習は殆ど欠席。
九州のお墓参りの旅行も延期。

そして、椋太は39度の高熱が4日続き、食事も殆ど取らず。ただ、水分だけは飲みたがり、酵素ジュースをひたすら飲む。

ここまで熱が下がらないのは、身体だけの問題でないかも?と、とぐったりする椋太をベビーカーに乗せて新幹線で、昔からのかかりつけ医の神之木クリニックへ。

子供が、薬も食事も嫌がるのは、それが正解。子供はちゃんとわかっている。
大人がこうするべき、と上からコントロールするものではありません。
子供は親の代わりに、出すべきものを出している。
風邪だからと、すぐに抗生物質や抗ウイルス薬を出す、飲むのは、平成まで。
でも、これから令和を生きる子供は、もうそんなんではありませんよ。

神之木クリニックの先生は、肉体だけでなく魂れべで診てくれるので、本当に腑に落ちます。
そして、無味無臭のアントロポゾフィ医学の薬を二人とも処方され、それなら椋太はちゃんと飲むので、そこから熱も下がり食欲も戻り、今週月曜から保育園に復帰しました。

結局2週間保育園を休みました。

回復後の椋太は、14キロから1キロも減ってしまい、かなり痩せてしまったんですが、なんと骨格が変化していました!

発熱前は、お腹もぷっくり出てたし、腰も反ってて、背骨のS字カーブがちょっとキツイのが心配でした。
が、回復後はそのS字カーブが穏やかになり、ぷっくりお腹もへっこんで、スラッとお兄ちゃんらしい体型になってました!

野口整体的に、風邪を使って身体を変化させることが出来たようです。
なんとか上手く風邪を経過させれたようです。

で、同じく風邪をひいた私も、咳が止まらず、今回は何をやっても喉の痛みが治まらなかったですが、痛みの場所が移動してることに気づいてから、これは骨格変動してるんだ、と痛みをどうにかしようとするのをやめて、為すがままにしました。

病気には意味がある。

目黒の歯医者さんも、身体はより生かそうと、ウイルスさえも利用するんだ!それをテレビでやってる様な健康情報にそそのかされて、邪魔するな!とよく怒ります。
不安恐れの心で観るのでなく、身体は何を生かそうとしてくれてるのか?その視点を忘れずにいきたいと思います。
by 祐介 * 自然&癒し * 16:32 * comments(0) * -

令和初投稿です

はい、まさみです。

令和になってから、ふと気づけばもう2ヶ月以上経ちました。

今日7/10は富士山の開山日。
そして、開山式が行われた浅間大社さんでは、令和元年なので今年のこの日だけの特別御朱印を配布される、との事なので、この際御朱印帳デビューしてみました!





御朱印帳に関しては、今まで全国の神社に参拝してきましたが、あえて御朱印帳は頂いてなかったんです。

それは、昔佐渡?かどこかの神社で掲げられていた掲示板を見て、自分は持つ資格がないと思ったから。

そこには、御朱印帳はスタンプラリーではないこと、教えをきちんと身につけた証に頂くもの、的なことが書いてあったからです。

なるほどな〜、確かに私が御朱印帳集めたいなと思う根底には、収集欲があるのは否めないし、パワースポット巡りしてる分際だから、教えなんて理解してないしな〜、と御朱印帳を持つのを辞めていました。

そして10年近く月日が流れて、令和元年。
改元に当たり、御朱印帳のトラブルを伝えるニュースを度々目にしました。
それは、まさにスタンプラリーや、カードゲーム集めの感覚でいる為に、メリカリで御朱印が売買されていたり、長時間待たされるのを神主さんにクレームつけたりと言ったトラブルでした。

そうした混乱の中だからこそ、それじゃ本来はどう言う物なのか?と改めて知る事となり、参拝時に御朱印を頂くことで、御祭神とのご神縁を繋げたことをいつでも見直せるとの話に腑に落ちました。
そして、自分の葬式の際に棺桶に入れてもらうもの、と。

それに、湯島天満宮権禰宜の小野善一郎先生のもとで、古事記も学ばせて頂き、大祓祝詞も毎日奏上させて頂いてる自分としては、今日を始点に一ヶ所一ヶ所しっかりとご神縁を繋げていければと、御朱印帳デビューを決めました。

で、めでたく駿河国一ノ宮の浅間大社の御朱印帳を頂きました!
やっぱり一番最初のページは、氏神様でしょ!
来週は、九州の神社をいくつか周るので、参拝の際は頂けたらと思います!
by 祐介 * 子育て * 16:06 * comments(0) * -

平成最後の投稿です

はい、まさみです。
何かとバタバタしてて、なかなか投稿出来ない日々ですが、平成のことは平成のうちに投稿したいと思います!

でも、最近上手く言葉が浮かばないのと、時間もないので、健忘録としてサクッと書きます。

☆3月後半は、椋太の保育園の入園準備に追われる。
苦手なミシンにも、一生に一度の事だからと何とか挑戦。



生地選びも、椋太が喜んでくれるかな?とウキウキしながら選びました。
まー、私がこんな思いをするようになるなんて。。。


☆4/2椋太の保育園入園式に祐介と参加する。
2歳クラスは男の子3人、女の子2人の合計5人。みんな顔見知り。
入園式の名簿読み上げで、椋太はしっかりお返事出来ました。
この日は冬に逆戻り。久々にスカート履いて、足が冷え切って腰痛発症。。。

☆4月入ってからは、椋太は元気に登園。ただ親の方が生活の変化につかれが溜まる中、元々苦手意識が強かったママ友との、椋太に関するやり取りでのストレスが。。。
また毎年恒例の春の骨格変動で、右の骨盤が広がったようで、軋むような痛さで不眠続き。
同時に、右の太もも全体がピリピリしてる中、4/5右の内股に発疹発症。
森に入ったから虫刺されか?と放ってほいたら、結局帯状疱疹。
場所的に意味があるかと、慌てて神之木クリニックで受けた診断は。。。

立派な帯状疱疹。よくぞここまで来た。右側は社会性、足は自立。
帯状疱疹は椋太と共に育ち直す準備が99%完了してるという意味。
自分が社会性なく自立出来ず苦労してきた。
コントロールされることしか知らなかった、その辛さを分かっているからこそ、そうでない対応が出来る。
意味のある苦労だった。

精神年齢3歳のつもりで、椋太と共に経験して、インナーチャイルドを育て直す時なのか?

☆帯状疱疹の痛みは、動く度に剣山で突き刺される様。
それでも、仕事の手伝いで動かないとだし、椋太には踏まれて激痛だし、まだ卒乳出来てないから、おっぱいの度にかなり体力消耗してて、もう心身共にいっぱいいっぱいで、卒乳を決断実行。

欲しがる椋太を諦めさせるために、胸に目、お腹に大きな口を描いて、「ママのおっぱいは、おっぱい星人に食べられちゃった!」と腹踊りして見せたら、恐れおののいて後ずさり。そして卒乳成功!
その後も時々おっぱい欲しがっても、おっぱい星人がやって来るぞー!で収まり、あっさり卒業出来ました。

まー、神之木クリニックでは、1年前から椋太自身はいつでも卒乳できる準備は出来ている、あとは母親の気持ち次第と言われてた通りでした。。。

そして、ただ今GW真っ最中。
連続勤務でヘロヘロですが、本当に卒乳出来ててよかった!もし授乳続けてたら、疲れ切って倒れてたかも。。。
そう言えば、1年前のGW最終日には、台所の床に倒れ込んだな〜〜。

さてさて、GWが始まったと言うことは、あおぞらピッツァも1歳になったと言うこと。
この日を迎えられるなんて、移住当初は全く想像つかなかったですよ。

試行錯誤しながら、色んな方々の支えや応援のお陰で、前に進む事が出来て、ここまで来ることが出来ました。
本当にありがとうございました。

このGWも、集落のおばあちゃんが椋太を快く預かってくれたり、沢山お惣菜をくれたり、帯状疱疹を心配してくれた大家さんが夕飯まるごとお裾分けしてくれたり。。。
本当に恵まれてます。。。本当有難いです。。。涙出てきます。。。

それでは、令和の時代も、あおぞらピッツァと我が家一同をどうぞよろしくお願いします!
by 祐介 * 子育て * 22:13 * comments(0) * -

祝!移住1周年


はい、まさみです。

お陰様で、2/22で無事に移住1年が経ちました。
いやはや怒涛の1年でした〜。
あっという間です。
もー、一言では言い表せません。。。

あ、そうそう、前回投稿でグチりましたが、無事に?解決?しました。
と言うか、腹に収めようとしたけど、性格的に収められず、ちょっとした事でケンカ再発し、悲しかった思いなどブチまけ、さらに祐介も自分の言い方がキツかったことや、反面教師にしてた人と結局自分が同じだった事に気づいたようなので、意味のあるケンカとなりました。

あとは、野口整体でお世話になった先生にも話した際に、体癖と言う野口整体独自の骨格から観る性格判断で、祐介は食べるのが大好きな3種と、9種の職人気質が合わさってピザ職人になったのは体癖らしい、と。
さらに、職人気質だから、自分の思った通りにやりたいし、他人に任せられないし、自分以上に他人にも厳しくし私じゃなくても厳しく言われるから、気にしなくていい、納得する様にさせるのが一番、とアドバイスもらえたので、スッキリしました〜。

さて、椋太も、お陰様で元気にのびのびと大きくなり3/7で2歳半になり、2語文や3語文を話せるようになってきて、会話としても成り立つことも増えてきました。
一番大変で一番かわいい時期と言われますが、正しくそんな感じです。

今の口癖は、アンパンマン見たい!おっぱい!です笑笑
by 祐介 * - * 23:00 * comments(0) * -
このページの先頭へ