<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

もろもろ記念日と命日

はい、まさみです。
毎度、久々の投稿です。

お陰様で、今年も7/19に私の誕生日と結婚記念日を家族で迎えることが出来て、本当に有り難かったです。

私も四捨五入したらアラフィフ。
もうすぐ3歳になる椋太は、どんどん動きが激しくなって、ラグビーのタックルのように激突されると、ぐふぅー!!と体への衝撃が半端なくなってきました。

結婚生活も15年目。
ここ数年、激動の毎日ですが、お互いの忍耐?の賜物?で目出度く記念日には、とっても美味しいステーキをいただきました!
椋太との3人の記念写真は、夢みたいだな〜、としみじみです。

椋太は、本当によくおしゃべりするようになり、先日はパパのことを、
「ゆうすけぇ〜!」
と呼ぶようになったり。。。
何となく会話も成立するようになってきました。
子供の成長は本当にすごいです。

そんな椋太と一緒に、毎朝の神様へのご挨拶と、ご先祖様の供養をしています。
一緒に正座して、2拍手したり、お線香を挿したがったり、鈴を鳴らしたり。
文言も、もにょもにょ真似するようになりました。

そして、今日8/15は満州で戦死した母方の祖父の命日。
あ〜、今日はおじいちゃんの命日だな、と思ったら、涙が湧いてきました。

府中に住んでる頃に、急に祖父の事が気になり、何かに突き動かされる様に調べまくり、ブログにも投稿して来ました。
ただ、何故、祖父は戦死しなければならなかったのか?何故、戦争は起きたのか?
調べれば調べるほど、学校で学んだ歴史とは違う話や、はたまた陰謀論など、何が事実なのかわからなくなるばかりで、投稿できずにいました。

ただ、今の私に出来ることは、以前、おばあちゃん先生に言われたこと、

「ご先祖様の苦労を、あなたが自分の子供にしっかり伝えていきなさい。」

それを初めて実践してみました。
仏壇へのご挨拶の後、オモチャで遊ぶ椋太へ話しかけました。

りょうたん、聞いてね。
ママのおじいちゃん、りょうたんのひいおじいちゃんは、遠い昔に満州って言う遠い国で、戦争って言う人と人とが殺しあう争いで、死んじゃったんだよ。
おじいちゃんは、子供3人残して死んじゃったんだよ。
おじいちゃんは子供の成長を見たかっただろうね。
ママのママ、りょうたんのばばちゃんは、りょうたんと同じくらいの歳に、お父さんが死んじゃったんだよ。
りょうたんも、パパが死んじゃったら悲しいよね?
パパと、ずーっと会えなくなったら、悲しいよね?
ひいおばあちゃんは、子供3人連れて遠い遠い道のりを命がけで帰ってきたんだよ。
ばはちゃんが、りょうたんと同じ歳くらいの時に、騒ぐと見つかって殺されちゃうから、見捨てろって言われても、ひいばあちゃんは、いやだと、命がけでばばちゃんを連れて帰ってきたんだよ。
ばはちゃんも、りょうたんみたく小さかったのに、騒いじゃいけないってわかって、ずっとガマンしてたんだよ。
りょうたんが、注射するの怖くてもガマンしたみたいにね。
りょうたんのひいばあちゃんが、ばばちゃんを連れて帰って来てくれたから、ママが生まれて来れたんだよ。
だからりょうたんが生まれて来れたんだよ。
ご先祖様が誰か一人でもいなかったら、りょうたん生まれて来なかったんだよ。
すごいことだね。

そうなの〜?
と時々相づちを打つ椋太でした。

話しながら、どんどん泣いてきてしまった私。
りょうたん、ぎゅーしてぇ〜!
とお願いしたら、ニコニコしながらやって来てギュッと抱きしめてくれ、泣き顔の私をニコニコ見つめてくれました。

おばあちゃんが、子供を置いていけと言われても嫌だ!ととった行動は、子供を産んで一段と、祖母の母性の強さなんだと、尊敬するようになりました。

椋太は、今は全く意味がわからないだろうけど、それでも毎年伝えていきたいと思います。
by 祐介 * 戦争の記憶 * 23:14 * comments(0) * -

病気もろもろ

はい、まさみです。

4月から椋太が保育園に行き始めてから、しょっちゅう具合悪くなって、お疲れの日々でございます。

今日は珍しくお日様出てるので、体調いいですが、猪之頭はここ連日雨雲の中で、隣の家も見えないほど真っ白な世界。
そして、強烈な湿度。

息するのも苦しい感じなので、雲の下の市街地に下山して、ちょっと息抜きして、また雨雲の中に帰って行くといった感じです。
マジで、朝霧の梅雨はキツイです。。。

えー、健忘録でこの2ヶ月の動き書いておきます。

☆5/1夜に椋太のおでこに発疹見つける。GW中当番の小児科駆け込み、水ぼうそうの診断。私の帯状疱疹が移った模様。
仕事は大忙しの時なので、急遽祐介友人に働いてもらい何とかしのぐ。ただ、折角遊びに来てくれた親戚や友人達とは、窓際での会話で終わり。

☆何とか水ぼうそうは軽く済んだものの、発疹時、太鼓の練習で子供達と遊んでたので、感染してしまったのでは?と心休まず。結局、3週間経っても発病なく一安心。

☆一安心直後に、初の親子遠足で、必死こいて三段重のお弁当作る。
祐介が、今年1年分のエネルギー全部使い切ってしまったのでは?と心配するくらいの普段やらないことをやる。
椋太も、これママが作ったの???とびっくりした様子。
で、結局他のママ友さんは普通のお弁当で、お重で持ってくる人なく、来年はもっと気楽にいこうと心に決めた。

☆梅雨に入り、毎日ダルダルな身体を引きずるように過ごす。猪之頭は梅雨寒で、寒暖差が激しく、6/22に水遊びで冷やしたのか、椋太が日曜に発熱と咳が止まらず。
私は、月曜から4日間連続で、ファミリーサポートの受託者の講習を受ける予定で、月曜は祐介に集落のかかりつけ医に連れて行ってもらうも、もらった薬を強烈に嫌がり飲まず。仕方なく別の病院に行きもらった、飲みやすい薬も今回は嫌がる。
私も結局発熱と咳が止まらず、講習は殆ど欠席。
九州のお墓参りの旅行も延期。

そして、椋太は39度の高熱が4日続き、食事も殆ど取らず。ただ、水分だけは飲みたがり、酵素ジュースをひたすら飲む。

ここまで熱が下がらないのは、身体だけの問題でないかも?と、とぐったりする椋太をベビーカーに乗せて新幹線で、昔からのかかりつけ医の神之木クリニックへ。

子供が、薬も食事も嫌がるのは、それが正解。子供はちゃんとわかっている。
大人がこうするべき、と上からコントロールするものではありません。
子供は親の代わりに、出すべきものを出している。
風邪だからと、すぐに抗生物質や抗ウイルス薬を出す、飲むのは、平成まで。
でも、これから令和を生きる子供は、もうそんなんではありませんよ。

神之木クリニックの先生は、肉体だけでなく魂れべで診てくれるので、本当に腑に落ちます。
そして、無味無臭のアントロポゾフィ医学の薬を二人とも処方され、それなら椋太はちゃんと飲むので、そこから熱も下がり食欲も戻り、今週月曜から保育園に復帰しました。

結局2週間保育園を休みました。

回復後の椋太は、14キロから1キロも減ってしまい、かなり痩せてしまったんですが、なんと骨格が変化していました!

発熱前は、お腹もぷっくり出てたし、腰も反ってて、背骨のS字カーブがちょっとキツイのが心配でした。
が、回復後はそのS字カーブが穏やかになり、ぷっくりお腹もへっこんで、スラッとお兄ちゃんらしい体型になってました!

野口整体的に、風邪を使って身体を変化させることが出来たようです。
なんとか上手く風邪を経過させれたようです。

で、同じく風邪をひいた私も、咳が止まらず、今回は何をやっても喉の痛みが治まらなかったですが、痛みの場所が移動してることに気づいてから、これは骨格変動してるんだ、と痛みをどうにかしようとするのをやめて、為すがままにしました。

病気には意味がある。

目黒の歯医者さんも、身体はより生かそうと、ウイルスさえも利用するんだ!それをテレビでやってる様な健康情報にそそのかされて、邪魔するな!とよく怒ります。
不安恐れの心で観るのでなく、身体は何を生かそうとしてくれてるのか?その視点を忘れずにいきたいと思います。
by 祐介 * 自然&癒し * 16:32 * comments(0) * -

令和初投稿です

はい、まさみです。

令和になってから、ふと気づけばもう2ヶ月以上経ちました。

今日7/10は富士山の開山日。
そして、開山式が行われた浅間大社さんでは、令和元年なので今年のこの日だけの特別御朱印を配布される、との事なので、この際御朱印帳デビューしてみました!





御朱印帳に関しては、今まで全国の神社に参拝してきましたが、あえて御朱印帳は頂いてなかったんです。

それは、昔佐渡?かどこかの神社で掲げられていた掲示板を見て、自分は持つ資格がないと思ったから。

そこには、御朱印帳はスタンプラリーではないこと、教えをきちんと身につけた証に頂くもの、的なことが書いてあったからです。

なるほどな〜、確かに私が御朱印帳集めたいなと思う根底には、収集欲があるのは否めないし、パワースポット巡りしてる分際だから、教えなんて理解してないしな〜、と御朱印帳を持つのを辞めていました。

そして10年近く月日が流れて、令和元年。
改元に当たり、御朱印帳のトラブルを伝えるニュースを度々目にしました。
それは、まさにスタンプラリーや、カードゲーム集めの感覚でいる為に、メリカリで御朱印が売買されていたり、長時間待たされるのを神主さんにクレームつけたりと言ったトラブルでした。

そうした混乱の中だからこそ、それじゃ本来はどう言う物なのか?と改めて知る事となり、参拝時に御朱印を頂くことで、御祭神とのご神縁を繋げたことをいつでも見直せるとの話に腑に落ちました。
そして、自分の葬式の際に棺桶に入れてもらうもの、と。

それに、湯島天満宮権禰宜の小野善一郎先生のもとで、古事記も学ばせて頂き、大祓祝詞も毎日奏上させて頂いてる自分としては、今日を始点に一ヶ所一ヶ所しっかりとご神縁を繋げていければと、御朱印帳デビューを決めました。

で、めでたく駿河国一ノ宮の浅間大社の御朱印帳を頂きました!
やっぱり一番最初のページは、氏神様でしょ!
来週は、九州の神社をいくつか周るので、参拝の際は頂けたらと思います!
by 祐介 * 子育て * 16:06 * comments(0) * -

平成最後の投稿です

はい、まさみです。
何かとバタバタしてて、なかなか投稿出来ない日々ですが、平成のことは平成のうちに投稿したいと思います!

でも、最近上手く言葉が浮かばないのと、時間もないので、健忘録としてサクッと書きます。

☆3月後半は、椋太の保育園の入園準備に追われる。
苦手なミシンにも、一生に一度の事だからと何とか挑戦。



生地選びも、椋太が喜んでくれるかな?とウキウキしながら選びました。
まー、私がこんな思いをするようになるなんて。。。


☆4/2椋太の保育園入園式に祐介と参加する。
2歳クラスは男の子3人、女の子2人の合計5人。みんな顔見知り。
入園式の名簿読み上げで、椋太はしっかりお返事出来ました。
この日は冬に逆戻り。久々にスカート履いて、足が冷え切って腰痛発症。。。

☆4月入ってからは、椋太は元気に登園。ただ親の方が生活の変化につかれが溜まる中、元々苦手意識が強かったママ友との、椋太に関するやり取りでのストレスが。。。
また毎年恒例の春の骨格変動で、右の骨盤が広がったようで、軋むような痛さで不眠続き。
同時に、右の太もも全体がピリピリしてる中、4/5右の内股に発疹発症。
森に入ったから虫刺されか?と放ってほいたら、結局帯状疱疹。
場所的に意味があるかと、慌てて神之木クリニックで受けた診断は。。。

立派な帯状疱疹。よくぞここまで来た。右側は社会性、足は自立。
帯状疱疹は椋太と共に育ち直す準備が99%完了してるという意味。
自分が社会性なく自立出来ず苦労してきた。
コントロールされることしか知らなかった、その辛さを分かっているからこそ、そうでない対応が出来る。
意味のある苦労だった。

精神年齢3歳のつもりで、椋太と共に経験して、インナーチャイルドを育て直す時なのか?

☆帯状疱疹の痛みは、動く度に剣山で突き刺される様。
それでも、仕事の手伝いで動かないとだし、椋太には踏まれて激痛だし、まだ卒乳出来てないから、おっぱいの度にかなり体力消耗してて、もう心身共にいっぱいいっぱいで、卒乳を決断実行。

欲しがる椋太を諦めさせるために、胸に目、お腹に大きな口を描いて、「ママのおっぱいは、おっぱい星人に食べられちゃった!」と腹踊りして見せたら、恐れおののいて後ずさり。そして卒乳成功!
その後も時々おっぱい欲しがっても、おっぱい星人がやって来るぞー!で収まり、あっさり卒業出来ました。

まー、神之木クリニックでは、1年前から椋太自身はいつでも卒乳できる準備は出来ている、あとは母親の気持ち次第と言われてた通りでした。。。

そして、ただ今GW真っ最中。
連続勤務でヘロヘロですが、本当に卒乳出来ててよかった!もし授乳続けてたら、疲れ切って倒れてたかも。。。
そう言えば、1年前のGW最終日には、台所の床に倒れ込んだな〜〜。

さてさて、GWが始まったと言うことは、あおぞらピッツァも1歳になったと言うこと。
この日を迎えられるなんて、移住当初は全く想像つかなかったですよ。

試行錯誤しながら、色んな方々の支えや応援のお陰で、前に進む事が出来て、ここまで来ることが出来ました。
本当にありがとうございました。

このGWも、集落のおばあちゃんが椋太を快く預かってくれたり、沢山お惣菜をくれたり、帯状疱疹を心配してくれた大家さんが夕飯まるごとお裾分けしてくれたり。。。
本当に恵まれてます。。。本当有難いです。。。涙出てきます。。。

それでは、令和の時代も、あおぞらピッツァと我が家一同をどうぞよろしくお願いします!
by 祐介 * 子育て * 22:13 * comments(0) * -

祝!移住1周年


はい、まさみです。

お陰様で、2/22で無事に移住1年が経ちました。
いやはや怒涛の1年でした〜。
あっという間です。
もー、一言では言い表せません。。。

あ、そうそう、前回投稿でグチりましたが、無事に?解決?しました。
と言うか、腹に収めようとしたけど、性格的に収められず、ちょっとした事でケンカ再発し、悲しかった思いなどブチまけ、さらに祐介も自分の言い方がキツかったことや、反面教師にしてた人と結局自分が同じだった事に気づいたようなので、意味のあるケンカとなりました。

あとは、野口整体でお世話になった先生にも話した際に、体癖と言う野口整体独自の骨格から観る性格判断で、祐介は食べるのが大好きな3種と、9種の職人気質が合わさってピザ職人になったのは体癖らしい、と。
さらに、職人気質だから、自分の思った通りにやりたいし、他人に任せられないし、自分以上に他人にも厳しくし私じゃなくても厳しく言われるから、気にしなくていい、納得する様にさせるのが一番、とアドバイスもらえたので、スッキリしました〜。

さて、椋太も、お陰様で元気にのびのびと大きくなり3/7で2歳半になり、2語文や3語文を話せるようになってきて、会話としても成り立つことも増えてきました。
一番大変で一番かわいい時期と言われますが、正しくそんな感じです。

今の口癖は、アンパンマン見たい!おっぱい!です笑笑
by 祐介 * - * 23:00 * comments(0) * -

椋太、保育園入園決定しました

はい、まさみです。

集落のみんなが暖冬と言う猪之頭から見える富士山は、例年よりやはり雪が少なく山肌が見えています。

室内より冷蔵庫の中の方が温かいくらい、こんなに寒くても?!
と思うので、移住して慣れるのに、お手柔らかにしてもらったと天に感謝です。

やっぱり冬と言えば、真っ白な帽子を被る富士山を見たいものです。
その代わり、猪之頭も寒くなるけど。

前回の投稿で、グチを書きましたが、この時はまだ腹に収まりきれてなかったので、その後もちょっとした事で、怒りが再発しケンカもしてしまってました。
が、嫌味でなく、ちゃんとお互いの思いを伝えて、腹の底のドロドロとしたものは、お陰様で何とかクリアになりました。

相手は自分の鏡、
嫌い、イラつく相手は、近親憎悪
そして、それに気づき認める度量
日々、学びでございます。。。笑笑

いやいや、実家も自営業でしたが、夫婦で自営業って、色々と大変ですね!

以前は、職場でムカつく上司いても、祐介にグチを聞いてもらってスッキリ出来ていたのが、今は職場と家庭が同じだから、愛しの旦那様が、ムカつく上司になっちゃうと、今まではグッと我慢してたのが、身内だからついつい口答えしてしまったりと、どうバランス取っていいのやら、です。
まぁ、話し合って思い遣っていくしかないんでかねぇ。。。

祐介との日々のケンカは、心の底の闇に光を当てるキッカケだと思います。。。
他のことで、気を紛らわしても、何の進歩にもならないですよね。。。
本質から目をそらさずに。、、

そんな中での、子は鎹(かすがい、書けない。、。)を痛感する次第です笑

で、その鎹な椋太は、4月から最寄りの保育園への入園が決まりました!

過疎化してる集落ではありますが、施設に余裕はあっても保育士を確保が難しくて、そんな中同学年の入園希望が何気に多くて、もしかしたらダメかな?でも、ジジババちゃんも遠くて頼れる人いないし、自営業だし、移住推進してるんだから、なんとかしてほしいな〜、と念じてました笑
歩いて5分なんて、なんてステキでしょう輝

移住してすぐに入園も可能でしたが、大きく環境が変わる中で、少しでも椋太を安心させたい、と預けずに3人でかなり一緒の時間を過ごしました。

引越しやオープン準備、週末の営業や、日々試行錯誤で、色々なことを進める中で、イヤイヤ期絶頂の椋太を2人で面倒見ながらは、正直体力的にも精神的にも楽ではなかったです。
自分の時間がもっとほしい、と切実に思いました。

でも、過ぎてみれば、やはり椋太との貴重な時間だったと思います。
陽気にケラケラ笑う椋太。
それも3人でいられたから。
3人で一緒にアンパンマンの歌を歌うようになるなんて。。。

入園まで残された時間を大切にしたいと思います。
by 祐介 * 子育て * 19:37 * comments(0) * -

今更ながらの明けまして

はい、まさみです。

今更ながらですが、明けましておめでとうございます

細々とブログも続けていければと思いますので、今年もよろしくお願いいたします
初日の出、まかいの牧場にて

今回の年末年始は、なんか本当に大変でした。。。

移住先の猪之頭地区で初めて過ごしたので、初めての事が多く、バタバタしながら、さらに移動販売車の入れ替えが年末に急に行ったので、年末年始のスケジュールが直前まで決まらず、祐介は入れ替えにかかりっきり、私は椋太のお世話で大掃除もお節料理もほぼ手付かず。。。

何とか黒豆は煮て、伊達巻は白身魚のざらつきで失敗、お飾りは一夜飾りは何とか避けたいと、30日の深夜明け方まで片付けと飾り付け、とかつてない程追い込まれた状況でした。。。

まぁ、一番心配だった車の入れ替えと返金が年内に済んだだけで良しとしたいところですが。、。

なんか年明けから、初詣やら何やらいつもと違って、スムーズに行かないと言うか、何か心が落ち着けない感じでした。。。

で、年明け早速家族みんなで風邪引きました。
元々、祐介が年明けに薄着で過ごして風邪ひき、椋太が保育園に1日だけ行ったら、その夜に嘔吐、翌日には椋太と私それぞれ39度の高熱、そんな状況でも営業しないといけないのは、自営業のツラさ。。、

それにしても猪之頭の冬は噂通りに寒かったです!!
室内が0度近くになるので、あれ?冷蔵庫内の方が暖かいぞ、なんて感じで。

寝てても寒すぎて鼻が落ちそう、添い乳で胸だして朝方冷え切ってる、そんな中椋太は布団はいで床で寝てる。。。

なので、仕方なく電気ストーブを買い足し、椋太用のもふもふ羽布団の様なスリーパーも買い足し、大人も羽毛の肩掛けを買い足し、何とか寝られるようになりました。


あとは、毎年玄関内に飾っていた蘇民将来子孫繁栄の厄除けの〆縄の位置が、例年と違うのが気になってたので、思い切って正規の玄関外に飾りなおしました!

他所様から怪しいとか思われるかな?ってずっと控えてたんですが、まぁここの集落の人たち、基本信仰心ある方多くて、理解あるかな?と言うのと、下手な宗教の勧誘も来なくなるのを期待することにしました〜。
でもでも、自分が具合悪くて、さらに家族も具合悪いって、頼る人がいないと本当に辛いなとしみじみ思いましたよ。

そんな時でも、労りの言葉があるだけでも救われるんですけどね〜(トオイメ)

どんと焼きも、ここの集落はまゆ玉はみんな手作りして来て、その大きさがテニスボール並みでびっくり。

風邪引いてまゆ玉作る余裕なかったですが、集落の皆さんが譲ってくれて焼く事が出来ました!
集落の皆さんが、どんと焼きの下準備してくださり、当日も消防団が火の世話をしてくださり、お神酒や酒のつまみが振る舞われ、集落の人たちと顔合わせできるのは、繋がりが出来るので嬉しいことです。

あ、そうそう、祐介はかなり集落の人たちとお酒飲んだらしく、かなり上機嫌で帰宅して来ましてね、酔っ払って気が大きくなったんですかね〜、熱出てグロッキーな私に、すごい毒舌なこと言ってきたんですよねぇ〜。
戻るつもりのない3度目の家出をしようと脳内シミュレーションしちゃいましたよ、実行しなかったけど。
でも、心が凍りつくってこう言うことか、と。
全ては自分の心の映し出し、何の因果だろう。。。
by 祐介 * 子育て * 20:04 * comments(0) * -

胎毛筆作りました

なはい、まさみです。

日々、バタバタしてて投稿が滞りがちです。

で、椋太の胎毛筆を作りました!



糊付けせず、つるんつるんすべすべの髪の毛です。
筆先がカーブしてるのは、髪のクセです。

ネットで探して、 光文堂さん にしました。

で、最寄りの提携美容室を紹介してもらったんですが、富士宮市内は車で20キロ先の1軒のみ。。。

夏でも、なんとか頑張って伸ばしに伸ばした椋太の髪の毛。
前髪を結んでたので、女の子に間違われてました。

カット前の後ろ姿。



胎毛筆を作るか、ずっと迷ってましたが、不思議な美容室も通ってる身としては、髪の毛はその人の本質を表すもの。
さらに、お腹の中にいた時に生えていたピュアな髪の毛。

だから、椋太のピュアな本質の表れの髪の毛を残しておきたい、と思いました。

成長する過程で、色んな経験をして、色んな感情を味わって、もし将来自分の本質を見失った時に、ピュアな本質を思い出す助けになったら、と。。。


で、カットの際は、美容師さんがしまじろうのDVDを観せながら、上手にあやしてくれて、泣くことなく無事に完了。
五分刈りの男の子な椋太になりました。

美容師さん曰く、椋太は集中力が高い、神経が図太いタイプかも、と。
切った髪の毛が肩に落ちるだけで泣く子もいるらしいですが、椋太は全く気にせず画面をガン見してました。

図太いお陰で、かーちゃん助かってるよ。

問題は、湿度の高い朝霧でどう保管するか、です。
by 祐介 * 子育て * 18:22 * comments(0) * -
このページの先頭へ