<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 不思議な美容院2018年10月 | main | 今更ながらの明けまして >>

胎毛筆作りました

なはい、まさみです。

日々、バタバタしてて投稿が滞りがちです。

で、椋太の胎毛筆を作りました!



糊付けせず、つるんつるんすべすべの髪の毛です。
筆先がカーブしてるのは、髪のクセです。

ネットで探して、 光文堂さん にしました。

で、最寄りの提携美容室を紹介してもらったんですが、富士宮市内は車で20キロ先の1軒のみ。。。

夏でも、なんとか頑張って伸ばしに伸ばした椋太の髪の毛。
前髪を結んでたので、女の子に間違われてました。

カット前の後ろ姿。



胎毛筆を作るか、ずっと迷ってましたが、不思議な美容室も通ってる身としては、髪の毛はその人の本質を表すもの。
さらに、お腹の中にいた時に生えていたピュアな髪の毛。

だから、椋太のピュアな本質の表れの髪の毛を残しておきたい、と思いました。

成長する過程で、色んな経験をして、色んな感情を味わって、もし将来自分の本質を見失った時に、ピュアな本質を思い出す助けになったら、と。。。


で、カットの際は、美容師さんがしまじろうのDVDを観せながら、上手にあやしてくれて、泣くことなく無事に完了。
五分刈りの男の子な椋太になりました。

美容師さん曰く、椋太は集中力が高い、神経が図太いタイプかも、と。
切った髪の毛が肩に落ちるだけで泣く子もいるらしいですが、椋太は全く気にせず画面をガン見してました。

図太いお陰で、かーちゃん助かってるよ。

問題は、湿度の高い朝霧でどう保管するか、です。
by 祐介 * 子育て * 18:22 * comments(0) * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ