<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今更ながらの明けまして | main | 祝!移住1周年 >>

椋太、保育園入園決定しました

はい、まさみです。

集落のみんなが暖冬と言う猪之頭から見える富士山は、例年よりやはり雪が少なく山肌が見えています。

室内より冷蔵庫の中の方が温かいくらい、こんなに寒くても?!
と思うので、移住して慣れるのに、お手柔らかにしてもらったと天に感謝です。

やっぱり冬と言えば、真っ白な帽子を被る富士山を見たいものです。
その代わり、猪之頭も寒くなるけど。

前回の投稿で、グチを書きましたが、この時はまだ腹に収まりきれてなかったので、その後もちょっとした事で、怒りが再発しケンカもしてしまってました。
が、嫌味でなく、ちゃんとお互いの思いを伝えて、腹の底のドロドロとしたものは、お陰様で何とかクリアになりました。

相手は自分の鏡、
嫌い、イラつく相手は、近親憎悪
そして、それに気づき認める度量
日々、学びでございます。。。笑笑

いやいや、実家も自営業でしたが、夫婦で自営業って、色々と大変ですね!

以前は、職場でムカつく上司いても、祐介にグチを聞いてもらってスッキリ出来ていたのが、今は職場と家庭が同じだから、愛しの旦那様が、ムカつく上司になっちゃうと、今まではグッと我慢してたのが、身内だからついつい口答えしてしまったりと、どうバランス取っていいのやら、です。
まぁ、話し合って思い遣っていくしかないんでかねぇ。。。

祐介との日々のケンカは、心の底の闇に光を当てるキッカケだと思います。。。
他のことで、気を紛らわしても、何の進歩にもならないですよね。。。
本質から目をそらさずに。、、

そんな中での、子は鎹(かすがい、書けない。、。)を痛感する次第です笑

で、その鎹な椋太は、4月から最寄りの保育園への入園が決まりました!

過疎化してる集落ではありますが、施設に余裕はあっても保育士を確保が難しくて、そんな中同学年の入園希望が何気に多くて、もしかしたらダメかな?でも、ジジババちゃんも遠くて頼れる人いないし、自営業だし、移住推進してるんだから、なんとかしてほしいな〜、と念じてました笑
歩いて5分なんて、なんてステキでしょう輝

移住してすぐに入園も可能でしたが、大きく環境が変わる中で、少しでも椋太を安心させたい、と預けずに3人でかなり一緒の時間を過ごしました。

引越しやオープン準備、週末の営業や、日々試行錯誤で、色々なことを進める中で、イヤイヤ期絶頂の椋太を2人で面倒見ながらは、正直体力的にも精神的にも楽ではなかったです。
自分の時間がもっとほしい、と切実に思いました。

でも、過ぎてみれば、やはり椋太との貴重な時間だったと思います。
陽気にケラケラ笑う椋太。
それも3人でいられたから。
3人で一緒にアンパンマンの歌を歌うようになるなんて。。。

入園まで残された時間を大切にしたいと思います。
by 祐介 * 子育て * 19:37 * comments(0) * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ