<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 祝!移住1周年 | main | 令和初投稿です >>

平成最後の投稿です

はい、まさみです。
何かとバタバタしてて、なかなか投稿出来ない日々ですが、平成のことは平成のうちに投稿したいと思います!

でも、最近上手く言葉が浮かばないのと、時間もないので、健忘録としてサクッと書きます。

☆3月後半は、椋太の保育園の入園準備に追われる。
苦手なミシンにも、一生に一度の事だからと何とか挑戦。



生地選びも、椋太が喜んでくれるかな?とウキウキしながら選びました。
まー、私がこんな思いをするようになるなんて。。。


☆4/2椋太の保育園入園式に祐介と参加する。
2歳クラスは男の子3人、女の子2人の合計5人。みんな顔見知り。
入園式の名簿読み上げで、椋太はしっかりお返事出来ました。
この日は冬に逆戻り。久々にスカート履いて、足が冷え切って腰痛発症。。。

☆4月入ってからは、椋太は元気に登園。ただ親の方が生活の変化につかれが溜まる中、元々苦手意識が強かったママ友との、椋太に関するやり取りでのストレスが。。。
また毎年恒例の春の骨格変動で、右の骨盤が広がったようで、軋むような痛さで不眠続き。
同時に、右の太もも全体がピリピリしてる中、4/5右の内股に発疹発症。
森に入ったから虫刺されか?と放ってほいたら、結局帯状疱疹。
場所的に意味があるかと、慌てて神之木クリニックで受けた診断は。。。

立派な帯状疱疹。よくぞここまで来た。右側は社会性、足は自立。
帯状疱疹は椋太と共に育ち直す準備が99%完了してるという意味。
自分が社会性なく自立出来ず苦労してきた。
コントロールされることしか知らなかった、その辛さを分かっているからこそ、そうでない対応が出来る。
意味のある苦労だった。

精神年齢3歳のつもりで、椋太と共に経験して、インナーチャイルドを育て直す時なのか?

☆帯状疱疹の痛みは、動く度に剣山で突き刺される様。
それでも、仕事の手伝いで動かないとだし、椋太には踏まれて激痛だし、まだ卒乳出来てないから、おっぱいの度にかなり体力消耗してて、もう心身共にいっぱいいっぱいで、卒乳を決断実行。

欲しがる椋太を諦めさせるために、胸に目、お腹に大きな口を描いて、「ママのおっぱいは、おっぱい星人に食べられちゃった!」と腹踊りして見せたら、恐れおののいて後ずさり。そして卒乳成功!
その後も時々おっぱい欲しがっても、おっぱい星人がやって来るぞー!で収まり、あっさり卒業出来ました。

まー、神之木クリニックでは、1年前から椋太自身はいつでも卒乳できる準備は出来ている、あとは母親の気持ち次第と言われてた通りでした。。。

そして、ただ今GW真っ最中。
連続勤務でヘロヘロですが、本当に卒乳出来ててよかった!もし授乳続けてたら、疲れ切って倒れてたかも。。。
そう言えば、1年前のGW最終日には、台所の床に倒れ込んだな〜〜。

さてさて、GWが始まったと言うことは、あおぞらピッツァも1歳になったと言うこと。
この日を迎えられるなんて、移住当初は全く想像つかなかったですよ。

試行錯誤しながら、色んな方々の支えや応援のお陰で、前に進む事が出来て、ここまで来ることが出来ました。
本当にありがとうございました。

このGWも、集落のおばあちゃんが椋太を快く預かってくれたり、沢山お惣菜をくれたり、帯状疱疹を心配してくれた大家さんが夕飯まるごとお裾分けしてくれたり。。。
本当に恵まれてます。。。本当有難いです。。。涙出てきます。。。

それでは、令和の時代も、あおぞらピッツァと我が家一同をどうぞよろしくお願いします!
by 祐介 * 子育て * 22:13 * comments(0) * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ