<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 椋太3歳になりました | main |

高度差と体調不良

はい、まさみです。
すでに11月です。
朝霧は、快晴でさわやかな気候が続いてます。

朝霧に住んで気づきました。
観光客として来てた頃は、晴れの日しか来た事ないと。。。
そして、朝霧では、それは貴重な晴れ間なんだと。。。

いわゆる高原的なさわやかな気候は、春と秋の4ヶ月。
これから11月過ぎから3月までは、真冬日で冷蔵庫より室内が寒くなる季節。
そして、梅雨から晩夏までは、物凄い湿度で、ありとあらゆる物がカビて、毎日雨雲の中にいるようなガスって隣家も見えなくなる日ばかり。。。
野口整体の体癖的に湿度が大の苦手な私には、かなり辛く。。。

さらにさらに、朝霧に移住して環境が変化したことは、私の身体にそれなりの負担となってまして。。。

実は、この夏はしょっちゅう目眩、耳鳴りや不整脈があったり、とにかく息苦しかったり、怠かったりと体調が芳しくありませんでした。

が!その原因が例の不思議な歯医者さんのお陰でわかりました!

それは、高度差=気圧差!!!

確かに、生まれて40数年は関東平野育ち。つまり標高50〜70m。
そして、今の朝霧は標高700m前後。
さらに、買い物など行く市街地は120m。
富士市に行くなら、一気に700mも変化することに。
これって、市街地で買った袋が、パンパンに膨らむレベル。
だから、内臓にもそれなりに負担が掛かって息苦しくなるようです。

さらに、買い物などで市街地へ往復の度に、耳が抜けてました。
さらに、市街地の出店で忘れ物して短時間に2往復すると、もう耳が抜けずにあまり聞こえなくなることも。

歯医者さん曰く、耳が抜ける=三半規管に影響ある=顎関節にも影響ある=噛み合わせが狂う=目眩など症状が出る

とのこと。
で解決策は、体調不良という形で順応するしかない、と。。。

観光客として1泊くらいなら問題ないけど、移住となると身体はその環境に慣れようと変化を起こしてて、体調不良だったようです。

身体は健気です。。。

まー、3年くらいはかかるのかな〜?つれーなー。。。

なんて思いながら、翌日浅間大社のおみくじを引いたらびっくり!

おみくじは吉凶より、裏のご神託を重視してるんですが、そこに書かれていたのは。。。

あつい寒いと歎(なげ)くも無駄よ、苦情いわずに、にこにこと
寒ければさむいと歎き、暑ければあついとかこち、よいにつけ、悪いにつけ、苦情を言い、不平を言う。それは神様の御心にそむく無駄事である。暑さに耐え、寒さをしのぎ、これに順応し、これを克服する方法を講じて、黙々と、にこにこと朗らかにやって行こう

どひゃーー!
まさに私のための言葉。。。
順応、と言う言葉も出てきて、もうびつくり。。。
まぁ、見守っていただいてるんだな、と感謝です。。。

今はお陰様で、大分体調は落ち着いてきました。
歯医者では、順応を促す治療をしてもらったり、と私は色んな意味で救われてると、有り難いです。
by 祐介 * 自然&癒し * 13:47 * comments(0) * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ